日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝は浅煎りがいい コーヒーで健康キープ「5つの鉄則」

 芸能界は、がん公表やら緊急入院など病気の話題が尽きないが、サラリーマンも他人事じゃない。忙しくて運動も食事制限もできない、飲み会も断れない――人は、コーヒーを飲めばいい。

「かつては、体に悪いといわれたこともあるコーヒーですが、最新の研究により、やはり体にいいことが明らかになったんです。日常的にコーヒーを飲む習慣のある人は、肝臓がんや心臓病のリスクを下げ、動脈硬化予防にも有効など、健康効果が次々と発表されています。コーヒーはまさにクスリです」

 こう言うのは、東京薬科大学名誉教授でコーヒー研究家の岡希太郎氏だ。

 岡氏によると、コーヒー=クスリの理由は、その成分にある。(1)カフェイン(2)ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸(3)ニコチン酸類(4)NMP(N―メチルピリジニウムイオン)の4つがそれで、それぞれの主な薬理効果は、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事