日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4割は体質や体調が原因 「口臭」は健康のバロメーター

 自分の口は臭うんじゃないか? 「口臭」を気にする人は少なくない。口臭がある人の6割は歯周病などの口内環境が原因だが、残りの4割は体質や体調によるもの。中には、病気の前兆の場合もあるというから注意が必要だ。口臭と病気の関係について、口臭治療の専門家に聞いた。

「口臭に悩んでいる人は多く、当院では月に100件余りの問い合わせがあります。そのうち40人ほどが患者さんとして来院し、北海道から沖縄まで全国からやってきます」

 こう言うのは、歯科医師で、2004年から口臭専門クリニックの看板を掲げる「中城歯科医院」(横浜市鶴見区)の中城基雄院長(歯学博士・鍼灸師)だ。これまで治療した患者は約3500人。そのうち6割は歯周病や虫歯などが原因だ。

「口内環境が原因の口臭は、歯周ポケットや虫歯の穴に巣食った細菌や食べカスの腐敗臭がほとんど。卵の腐ったような臭いや魚の臓物臭のような臭いです。虫歯が進行すると、歯髄の組織の腐敗による壊疽臭がし始めます。肉の腐ったような臭いで、かなりの悪臭です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事