日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6割が歩行困難に 「陥入爪」招く間違った切り方と対策は

「男性の約2人に1人は足の爪が巻き爪や陥入爪」という調査結果が発表された。放置すると、歩行困難になりかねない。

 巻き爪・陥入爪は女性に多い疾患と思われがちだが、「男性に多いという報告もある」と指摘するのは、「神楽坂 肌と爪のクリニック」副院長で、「オールアバウト」で「皮膚・爪・髪の病気」のガイドを務める野田真喜医師だ。オールアバウトが男女330人(男性168人)に行った調査でも、男性の45%が「経験あり」と答えた。

 同調査では、爪の切り方についても質問。すると、「食い込まないよう、爪の両角を丸く切る」と答えた人が約60%で、第1位。しかし、この切り方は、巻き爪と、巻き爪より深刻な陥入爪を引き起こす。

「巻き爪は、爪の横方向の湾曲が強くなる状態で、アルファベットのCやO、渦巻きのように変形します。巻き爪だけなら痛みがないこともありますが、放置すると爪の両端が足の皮膚に食い込み炎症を起こす陥入爪の原因にもなります。また、それほど巻いていなくても爪が食い込んで陥入爪に至る人が、特に男性に多い。その一因は、間違った爪の切り方にあると考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事