日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5つのタイプ…難病「乾癬」を見極める3つのポイント

 あなたの「水虫」は、もしかしたら乾癬かもしれない。「東京逓信病院」皮膚科の江藤隆史副院長に聞いた。

 乾癬は、原因不明の難病だ。皮膚の新陳代謝が通常の10倍速くなり、さまざまな症状が表れる。男性は50代、女性は20代に発症のピークを迎え、日本では2対1で男性に多い。

 5つのタイプがあり、圧倒的に多いのが「尋常性乾癬」。皮膚に発疹が出て、カサカサ赤くなり、皮がむけ、フケのようなものが大量発生する。次に多いのが「関節症性乾癬」で、関節に炎症が起こり、痛み、腫れ、こわばりなどが出る。

「一般的には皮膚の症状が先に出て、その後に関節症状が表れます。しかし、進行状況は人それぞれ。『なんだかこわばる』と思っていたら、よく見るとお尻に少し発疹がある人や、関節症状だけが10年ほど続いている人もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事