日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子供には“稼ぐ力” 「ナイトコンタクト」で裸眼視力アップ

 わが子の“稼ぐ力”をどう鍛えるのか?――。親なら、誰しも気にしていることだろう。勉強して学歴さえ得ればカネを稼げる職業に就けたのは過去の話。いまの中学2年生が大学受験を迎える2021年には新たな制度がスタート。知識の詰め込みだけでは正社員にすらなれないかもしれない。ならば、わが子の裸眼視力を維持させる手段を講じてはどうだろう。目がいいことは一種の才能。“稼げる職業”に就ける可能性は高くなる。

 平成27年度学校保健統計調査によれば、裸眼視力1・0未満の子供は小学生31%、中学生54%、高校生64%だという。

 その一方で、一定の視力を必要とされる職業は、パイロット、警察官、消防官、自衛官、海上保安庁職員、客室乗務員など多い。JRA騎手や競艇選手のように裸眼視力0・8以上でメガネやコンタクト、レーシック手術不可という職種もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事