日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

緊張型や片頭痛とも違う “第三の頭痛”は低気圧で悪化する

 梅雨時など雨が続くと、「頭痛がひどい」と感じたことはないだろうか。もしかしたら、それは「第三の頭痛」とも呼ばれる「大後頭神経痛」かもしれない。

「くどうちあき脳神経外科」(東京・大田区)の工藤千秋院長は、梅雨をはじめ雨が多い時期に、ある特徴的な頭痛を訴える患者が増えると常々感じていた。「ある特徴」とは、主に次の4点。

(1)首から後頭部、頭のてっぺんにかけて痛みが走る
(2)痛みは、首から頭のてっぺんにかけて上下に移動する
(3)人によっては目の奥まで差し込むような痛みや、肩から首にかけての凝り感を伴う
(4)耳の下の付け根からやや首の中心に寄った辺り、髪の毛の生え際付近(圧痛点)を指で押すと「ウッ!」とうなるほどの痛みを感じる

「一般的に慢性的な頭痛は緊張型頭痛、片頭痛を指します。これらとは、明らかに違う様相を示す頭痛なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事