日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

精神安定剤や睡眠剤を急にやめると強い離脱症状が出る

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ベンゾジアゼピン系の精神安定剤と睡眠剤は、1980年代から急速に使われるようになった薬だ。エチゾラム(商品名・デパス)やトリアゾラム(同・ハルシオン)はその代表で、特にエチゾラムは、非常にシャープな効果を示して、精神科や心療内科のみならず、内科や整形外科など他の診療科でも幅広く…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事