日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

睡眠中の汗の乾燥が「眠りの質」のカギを握る

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 寝苦しい夏の夜でも睡眠の質を確保するには、「睡眠中の汗の乾燥」がカギになります。睡眠中には、コップ1杯程度の汗をかきます。体の内部の温度である深部体温を下げるためです。

 そもそも質の高い睡眠は、「深部体温が急激に下がること」によってつくられます。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事