日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会社への報告義務なし がんのため仕事を辞めてはいけない

 がん治療を始める前に仕事を辞める患者がかなりいる。「がんと仕事」について専門家に聞いた。

 吉田祐樹さん(55=仮名)は、肺がんで手術を受けた。再発予防のための抗がん剤治療の前に、勤務していた建設会社を退職。上司から引き留められたが、「治療に専念したい」と断った。

 幸いなことに、抗がん剤はよく効いた。妻が働いているとはいえ、生活費、治療費、自宅ローン、子供の教育費などで、家計が苦しい。再就職を考えているが、就職活動は年齢が高いハードルになり、困難を極めている。貯金を切り崩して生活する日々に不安が募っている。

 国立がん研究センターがん医療支援研究部長の加藤雅志医師は「がん治療のために仕事を辞めるメリットはひとつもない」と話す。

「治療費はもちろん、健康保険にも影響する。仕事を通しての社会とのつながりが、治療への意欲につながる場合もある。がんと宣告された時点で、『何より命が大事』とすぐに仕事を辞める人がいますが、辞める前にやれることはたくさんあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事