日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

狭心症、脳梗塞リスクも高く 夏バテに潜む低血圧を侮るな

「肩こりがする」「体がだるい」「頭や目が痛い」「食欲がない」「手足が冷たい」――。この時季、「夏バテ」とひとくくりにされている症状の中には、「低血圧」が原因で起きているものがある。夏は血管が広がり、一年で最も血圧が低くなる。あなたの体調不良は血行不良が招いているのかもしれない。サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。

「低血圧」にはいくつかの種類がある。病気によるもの(二次性)、原因が分からないもの(本態性)、急に立ち上がったときに起こるもの(起立性)などだ。このうち、肩こりや疲労感、頭痛などの症状が表れるものが本態性低血圧だ。

「安静時の収縮期血圧(上の血圧)が100㎜Hg未満のものをいい、日本人の1.7~7%が該当するといわれています。そのうち10~20%に自覚症状があります。とくに夏場は“体がだるい”“肩こりがひどい”“手足が冷たい”などを訴えて病院に来て調べてみて、初めて自分が低血圧だと気がつく人も多いようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事