日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

抗凝固剤「ワーファリン」は心原性脳梗塞を7割減らす

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 心筋梗塞や脳梗塞の予防のために使われるのが抗凝固剤の「ワーファリン」だ。血液をサラサラにする薬といわれていて、血液凝固因子の合成に関わるビタミンKの働きを抑えることで、血を固まりにくくして血栓ができるのを防ぐ。

 高齢化で増加している心房細動の患者…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事