日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米IBMの人工知能「ワトソン」 病名見抜き難病治療に貢献

 膨大な医学論文を学習した人工知能(AI)が、診断の難しい60代の女性患者の特殊な白血病を10分で見抜き、適切な治療法を助言、回復に貢献していたことが分かった。国内初とみられる。

 治療した東京大医科学研究所が使ったのは、米国のクイズ番組で人間のチャンピオンを破った米IBMのAI「ワトソン」。

 女性は意識障害を起こすなど容体が悪化。そこで女性のがんに関する遺伝子情報をワトソンに入力すると、急性骨髄性白血病のうち「二次性白血病」というタイプであると判明した。ワトソンは抗がん剤を別のものに変えるよう提案。現在、通院治療するまでに回復した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事