日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

死亡リスク3割減 急増「前立腺がん」の新たな治療法とは

 前立腺がんが猛烈な勢いで増えている。国立がん研究センターの予想によると、今年中に前立腺がんを新たに患うと予想されている人は9万人余り。ここ10年で2倍以上の増加だ。

 この病気は尿道を包む前立腺が、がん化する。進行すると、骨に転移することが多い。こうなると治療法は限られるが、今年3月に生存期間の延長が期待できる新たな放射線療法が認められた。どんな治療法なのか?

「世界で初めて、α線と呼ばれる放射線を用いて、骨に転移したがん細胞に対して治療効果が認められた治療法です。静脈注射で『ゾーフィゴ』と呼ばれる放射性医薬品を体内に投与。体の内側から放射線を出して治療します」

 こう言うのはJCHO東京新宿メディカルセンター放射線治療科(東京・新宿)の黒崎弘正部長だ。

 ゾーフィゴにはα線を出す「ラジウム-223」と呼ばれる放射性物質が含まれている。この物質には、骨の成分であるカルシウムと同じように骨に集まりやすい性質がある。注射で体内に運ばれると、代謝が活発となり、がんの骨転移巣に多く運ばれる。そこからα線が放出され、骨に転移したがん細胞の増殖を抑えるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事