日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

乳房再建に2つの選択肢 人工物or自家組織どちらが安全か

 妻や恋人のことを考えると、乳がんは男性にとって「知らなくても済むこと」ではない。今回は「自家組織による乳房再建」について、第一人者に話を聞いた。

 乳がんで乳房を全摘した時、検討されるのが乳房再建だ。自分の組織(自家組織)、あるいは人工物(インプラント)を用いる2つの方法がある。すべて自費だった人工物が2013年に保険適用になったことで、温存にこだわらずに全摘を選ぶ人が増えている。

 では、自家組織と人工物ではどちらにメリットが多いのか。

 横浜市大付属市民総合医療センター形成外科・佐武利彦部長は、自家組織の主な利点を①温かく柔らかいので自然の乳房に近い②人工物で起こりうる感染や破損がない③時間の経過による変化が少ない。人工物は徐々に上に移動して乳房の左右非対称が目立ってくる場合がある④違和感が少ない。人工物では痛みなどを感じる場合がある――を挙げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事