日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いきなりステーキ“100キロ超”会員 喜多羅滋夫さんの肉愛

 注文に応じて塊肉から切り分けた厚切りステーキをリーズナブルな価格で提供――。そんなスタイルが「肉好きサラリーマンに支持されている「いきなりステーキ」には、食べた肉のグラム数をマイレージとして積算していく会員向けのサービスがある。

 最上級ランクは100キロ超の「ダイヤモンドカード会員」。毎回ドリンク1杯無料などの特典が与えられるのだが、これ、1回に500グラム食べて200回でやっと到達するレベルである。そんなツワモノは、いまのところ全国でも四十数人しかない。

 日清食品HD執行役員の喜多羅滋夫さん(51)も、そのひとりだ。しかも、同店の第1号の客でもある。

「3年前の12月、仕事の合間に銀座の1号店のオープニングセレモニーに遭遇したんです。“どっちにせよ、お昼を食べるんだから”と並んだら1番で。写真は、そのときに食べたランチステーキです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事