日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

がん、歯周病、虫歯…口腔内トラブルは“光”を使って治す

 歯科医というと、ドリルで虫歯を削るイメージしかないという人がほとんどだろう。しかし、それは間違いだ。最近は「光」を使った新しい機器により、がん検診や歯周病・虫歯治療を行う歯科医院が増えているという。

「口腔がん検診として視診、触診と並び、『口腔内蛍光観察装置』による検査を行っています。これまで30人に行い、4人が“疑いあり”ということで、提携先の歯科大学に紹介しました。結果、60代の女性1人が舌がんと診断され、治療を行いました」

 こう言うのは「ルネス青山デンタルクリニック」(東京・神宮前)の小林建院長だ。

 幸い、この女性は早期がんだったため、放射線治療などで事なきを得た。しかし、発見が遅れていれば、舌を大きく切除することになり、がんが取り切れたとしても食事や会話が不自由になったり、顔が大きく変形するなど大変なダメージを受けていた可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の健康記事