日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

20年前の最新がん治療「温熱療法」なぜ尻すぼみになった

渋谷青葉台内科小児科クリニックの安田浩康院長とハイパーサーミア機器(提供写真)

 病院が儲からないという理由で、公的保険が利く「患者にとって安くて有効な治療法」がすたれているのをご存じだろうか? そのひとつが「温熱療法」(ハイパーサーミア)だ。がん細胞は熱に弱く、42.5度以上で死滅することが多いという特性に着目して「がん細胞の温度だけを上昇させてがんを死滅…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事