日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッカムが骨折して使用 歯の「超音波治療」で骨を増やす

 大リーグ時代の松井秀喜やマンチェスター・ユナイテッド時代のデビッド・ベッカムが試した骨折が早く治る治療法をご存じだろうか? 「超音波骨折治療法」がそれで、従来の治療に比べて4割早く治ることが知られている。実はこの治療法が歯周病やインプラントの治療に応用され、大きな成果を挙げているという。自由診療歯科医で「八重洲歯科クリニック」(東京・京橋)の木村陽介院長に聞いた。

 遠藤孝子さん(仮名、48歳)は右下の第2小臼歯、第1大臼歯、第2大臼歯の3本の歯がない。妊娠中に歯周病を患い、失ったからだ。その後、インプラントを希望したが、どの歯科医師も「歯を支える顎の歯槽骨の量が足りないのでインプラントは無理」と言う。エックス線やCT画像を見ると顎の骨が少なく、しかも真っ白に写っていた。

「骨は、その表面を覆う硬くて緻密な皮質骨と細い骨が蜂の巣のような構造をした海綿骨でできています。健康な骨は目に見えないほど細い血管が通っていて、エックス線やCTで見ると黒っぽく写ります。ところが、たばこを吸い続けたり歯周病などがあると血流が悪くなったり、骨の破壊と再生のバランスが崩れる骨硬化症と呼ばれる病気になり、白っぽく写ります。こういう人は痩せた顎の骨を新たに作るのが難しいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事