日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

画期的治療法と日本導入 「PPH」による痔の手術は今

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「痔」は3人に1人が悩む国民病のひとつ。かつての手術は「痛い!」「怖い!」が定説だったが、十数年前に画期的な治療法が日本に導入された。特殊な自動縫合装置で痔核を治すPPH(自動縫合器による直腸粘膜切除術)で、2008年には先進医療から公的保険が適用された。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事