日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薬剤師と医師が推奨 二日酔い封じる2つの漢方薬の効果

 ついつい飲み過ぎてしまう忘年会シーズン。翌朝の頭痛、吐き気といったつらい症状を和らげてくれる“特効薬”があるという。今年10月にアルコール頭痛対策薬「アルピタン」(小林製薬)が発売されたが、調べてみたらその成分にヒントがあった。

 漢方薬局「氣生」オーナーで漢方薬剤師の久保田佳代さんが、「“今晩はたくさん飲みそう”という時には、とりあえずこれを服用してみて下さい。ハイ、どうぞ」と、差し出してくれたのが、「五苓散」と「黄連解毒湯」。五苓散は、「アルピタン」に配合されている成分。過剰な水分やアルコールの排出を助けてくれるという。

「黄連解毒湯は血の熱を冷ます清熱解毒剤です。『酔快』と呼ばれるくらいで、五苓散と一緒に飲むと二日酔いになりにくく、なったとしても回復しやすくなります」(久保田さん)

 一方、筑波大学付属病院臨床教授の加藤士郎医師は、「不摂生をしていて、二日酔いだからと漢方薬やサプリメントなどでなんとかしようとするのは全く賛成できない」とばっさり。そこをあえて、と伺ったら、やはり「五苓散」と「黄連解毒湯」の2つの名前が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事