日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

感染症対策はこれからの医療にますます欠かせなくなる

 ここ数年、これまで日本では見られなかった“未知”の感染症の脅威が増している。現在は、韓国で感染が拡大しているH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが、日本に上陸するのは時間の問題だといわれている。

 他にも、SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)、エボラ出血熱などの新興感染症、ジカウイルスやデング熱など、ここ数年、日本でもパンデミック(感染爆発)が騒がれた感染症はたくさんある。

 そうした状況に備え、かねて感染症対策に高い実績がある順天堂大学医学部付属順天堂医院が、本格的なパンデミック対策に乗り出している。これまで経験がないような感染症のパンデミックが起こった場合を想定して、患者を守るための診療体制を維持するには最低限どれだけの医療スタッフが必要かを調査し、その最低限のスタッフ用にワクチンを確保する計画だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事