日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

極度の糖質制限は危険 がん患者が取るべき「正しい栄養」

「がん細胞は炭水化物から合成されるブドウ糖を消費して増殖する。一方、人はブドウ糖がなくても緊急用の代替エネルギーである『ケトン体』をつくり出せる。なので、終末期のがん患者は、糖質制限食でがんを兵糧攻めにすべきだ」

 最近、こんながん食事療法が注目されているという。しかし、糖質は“宿主”の人間にとっても重要なエネルギー源。がん患者が制限して大丈夫なのか? 日本静脈経腸栄養学会理事長で藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座の東口髙志教授に聞いた。

■「糖を取らない」ではなく「うまくエネルギーに変える」

「以前からある食事法ですが、動物実験や臨床試験を広く行い、効果や安全性を繰り返し検証し、確かめられたとは聞いていません。何人かの終末期のがん患者さんに効果があったにせよ、全てに当てはまると考えるのは危険と思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事