日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界的な流れに 食品会社巻き込んだ減塩運動が本格化へ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 某大手食品メーカーが、自社のカップ麺の塩分を2020年までに現在より15%減を目指す取り組みを始めたという。

 昨年の厚労省の「食塩摂取量目標の見直し」や、WHO(世界保健機関)の「1日あたり5グラム未満」という目標がきっかけになったというが、食品…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事