日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Xmas贈答に大人気 「VR」ゲームで目に異常は出ないのか

 今年のクリスマスプレゼントは、赤外線コントロール潜水艦やカメラ付きドローンなどと並び、最先端の「仮想現実(VR)」ゲームが人気だ。ヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)を装着すれば三百六十度囲まれた臨場感あふれる世界を味わえる。時間を忘れて夢中になるのも無理はないが、気になるのが目への負担だ。左右の目がそれぞれ、わずかにずれた画像を近距離から見ることで脳内に立体的な仮想世界を描くVR。見続けることに問題はないのか?

「6歳未満は視覚の発達期であるため使用しないこと。13歳未満くらいまでは長時間の使用は避けるべきで、30分遊んだらしばらく目を休ませなければ目の成長に影響を与える可能性があります」

 こう言うのは、大阪大学大学院医学系研究科・感覚機能形成学教室の不二門尚教授だ。不二門教授は同大学付属病院で小児眼科・神経眼科を専門とし、3D普及のための業界団体で3D画像利用についての規制づくりに携わっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事