• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

無料配布「ベビーボックス」が乳幼児突然死症候群を防ぐ

 ニューヨーク州のすぐお隣、ニュージャージー州では、赤ちゃん用の段ボール箱「ベビーボックス」の無料の支給が開始され話題になっています。

 段ボール製のベビーボックスの中には硬めのマットが敷かれ、紙おむつやベビーワイプ、ベビー服なども入っています。

 その中で赤ちゃんをあおむけに寝かせることで、窒息死などの「乳幼児突然死症候群」を防ぐのに効果があると、ヨーロッパを中心に利用が増えているのです。

 特にベビーボックスが数十年前から無料で支給されているフィンランドでは、1歳以下の赤ちゃんの死亡率が先進国の中でも最も低レベル(1000人のうち2.3人=2005年WHO調べ)です。

 一方、アメリカの乳児死亡率は1000人のうち6.5人と、先進国では最多レベル。うつぶせ寝のほか、枕や毛布、ぬいぐるみ、または同じベッドで寝ている親による呼吸困難、ベビーベッドとマットレスの間に挟まるなど、さまざまな原因によって窒息死が起こっているのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る