日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

虚血性心疾患「心臓カテーテル」は治療後の出血に要注意

 狭心症、心筋梗塞の総称である「虚血性心疾患」は、日本人の3大死因のひとつで冬場に発症しやすいことが知られている。この冬、その治療法である心臓カテーテル治療を受けた人も多いのではないか。成功率が高く、体に優しいこの治療法で一命を取り留めたのは幸いだが、油断してはいけない。術後、知らない間に胃腸から出血しているかもしれない。

 九州に住む吉村太郎さん(仮名、83歳)は今年1月の朝食時に胸に強い痛みを感じた。冷や汗が流れ、痛みは15分を超えても治まらない。すぐに救急車で病院へ。診断は心筋梗塞だった。

「もうダメかと思いました。心臓を素手でつかまれるような痛みでした」

 心筋梗塞にはさまざまな治療法があるが、医師は年齢と体力を考えて「冠血管インターベンション治療(PCI)」を決断した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の健康記事