日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

死亡者はHIVより多い 「結核」は“現在進行形”の病気だ

 結核は「過去の病気」と思っている人が多いのではないか? それは大きな間違いだ。

 フィリピンの結核活動家、エロイザ・セペダ・テンさんは、1983年生まれ。10年前、ひどい頭痛、階段から落ちるほどのめまいなどに襲われ、病院に搬送。「疲労」と診断されたが、再び倒れ、別の病院で結核と診断された。

 結核は「肺の病気」というイメージが強いが、脳にまで感染しており、結核性髄膜炎を発症していた。しかも、速やかに適切な治療が行われなかったため、薬に耐性ができて効かなくなる「多剤耐性結核」になっていた。治療は長引き、後遺症として視力を失った。

 結核は海外だけの話ではない。Aさん(45)は糖尿病でインスリン注射を打っている。この十数年、血糖値は安定していたが、半年ほど前から従来のインスリン量ではコントロールできなくなっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の健康記事