日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アスリートが通う整骨院 鍼&手技で疲れ目と腰痛スッキリ

 毎日の仕事や生活で疲れがたまる。首や肩が凝ったり、腰が痛くなったり。そんな不調は、早いうちにリセットした方がいい。そんな中、慢性的な腰痛を抱える記者は耳寄り情報を入手。アスリートが体のケアに通う整骨院に突撃して、実際に施術を受けた。

 その整骨院は、東京・門前仲町にある「もみじはりきゅう整骨院」。飯田淳司院長の元には、リオ五輪男子マラソンに出場した猫ひろしやプロレスラーのミノワマン、格闘家の濱村健、釜谷真らも訪れるという。アスリートの“駆け込み寺”だ。料金は初診料のほか施術代込みで45分6500円と手ごろ。そんなにすごいのか。

 訪れた日は、原稿執筆が続いていたせいか、目がかすみ、首がパンパンに。腰も重く、前かがみや腰を後ろに倒すのもつらかった。そんな症状を伝えると、「この体の状態なら鍼が効果的。打ってみましょうか。うつぶせになってください」という。えっ、鍼?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の健康記事