日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【特別対談】林真理子×三枝成彰 「50代の仕事」を語る

※「狂おしき真夏の一日」(10月27~31日/東京文化会館大ホール)

 三枝氏にとって初のオペラブッファ(喜歌劇)。モーツァルトの「フィガロの結婚」と、リヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」へのオマージュとし、鎌倉を舞台に、ある医師の一家の恋愛模様を描く。台本は林氏、演出は秋元康氏が手掛ける。

▽さえぐさ・しげあき 1942年兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオラトリオ「ヤマトタケル」、オペラ「忠臣蔵」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「優駿ORACION」など。07年、紫綬褒章受章。08年、日本人初のプッチーニ国際賞、11年、渡辺晋賞を受賞。13年、オペラ「KAMIKAZE―神風―」を初演。14年、オペラ「Jrバタフライ」イタリア語版をプッチーニ音楽祭で初演。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事