豪誌オススメ5位に 紀伊半島の人気急上昇に県職員の努力

公開日: 更新日:

 旅行ライターの五嶋幸一氏が言う。

「中国人や韓国人は東京みたいな大都会の観光を希望しますが、欧米人は逆です。彼らは日本古来の神秘を探求したがっている。ただ、和歌山や奈良といっても外国人には馴染みが薄く、ほとんどの人が名前すら知りません。だからこそ積極的な宣伝活動が重要。欧米人は旅行プランを1年がかりで立てるのですぐには効果が出ませんが、3、4年続ければ口コミやインスタグラムでお客さんが増える。努力すれば報われるのが観光の世界です」

 安倍政権が「外国人観光客を増やすぞ!」と気勢を上げる裏で、自治体は地道に取り組んでしっかり成果を出しているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る