現地派遣なら2万円から 「謝罪代行業者」のヤバイお仕事

公開日:

「凸版印刷」の関連会社「トッパンエムアンドアイ」(現・NDIソリューションズ)の詐欺事件で注目されたのが「謝罪代行業者」だ。逮捕された元トッパン社員の武笠孝路容疑者(35)は2014年、取引先からOA機器の注文を受けたように偽装。虚偽の注文書を提出してだまし取ったパソコンなどを中古品買い取り業者に転売していた。

「武笠は不正が発覚しないよう謝罪代行業者に依頼。業者は取引先のふりをしてトッパンに“入金が遅れて申し訳ありません”と電話で謝罪していた。パソコン740台で金額は1億1400万円。これまで13億円分を詐取したとみられています」(捜査事情通)

 謝罪代行業者はアリバイ業者が業務拡大で始めるケースが多く、依頼が犯罪に関係していないかを見極めて引き受ける。業界大手の「謝罪屋アイガプロ」は電話相談の段階で細かく事情を聴くことにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る