来月には初詣 富岡八幡宮の後継者選びと神事はどうなる?

公開日:  更新日:

 突然の惨劇で宮司を失った富岡八幡宮。約3週間後には30万人ほどの参拝客が訪れる最大イベントの初詣を控え、来年8月には江戸三大祭りのひとつ「深川八幡祭り」がある。

 富岡八幡宮は明治以降、6代にわたって富岡家が宮司を務めてきたが、この先一体、どうなるのか。神社本庁広報国際課の担当者がこう言う。

「包括の神社に関して言いますと、代理の方が執り行うことになります。人間の都合で、神様の都合を変えるわけにはいきません。例えば権宮司、禰宜が代理を務めることになります。ただ富岡八幡宮の場合、今年9月に神社本庁から外れているので、どういう手続きを取るのか想像できません」

 当面は代理人を立てるのか。

「現時点ではそういったことにお答えできることはありません。まだ何も決まっていません」(富岡八幡宮広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る