中古マンション買うなら要確認 “ダメ管理組合”の見抜き方

公開日:

 2013年3月、福岡県久留米市のマンションで、ある男性が管理組合の理事長に就いた。ところが、管理会社の選定をめぐって他の理事たちと対立。同10月、男性抜きの理事会が開かれ、別の新理事長が選ばれた。

 で、これが訴訟に。

 全国の管理組合の9割ほどが準拠している「標準管理規約」には、理事会による理事長の解任について明記しておらず、福岡高裁は昨年10月、1審の「解任できない」という判断を支持したのだが、最高裁は18日、これを破棄。「理事の過半数の一致で解任できる」という初判断を示した。

 まあ、小難しい話はさておき、こんなふうに管理組合が内部分裂しているマンションには、ちょっと住みたくない。

 中古マンションを買うにしても管理組合の運営がズサンとか、逆に理事長が牛耳っていて排他的というのも、管理費の横領なんてトラブルが起きそうな予感がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る