日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

老舗魚屋に郷土料理 青森・津軽地方“うまいもん”をめぐる

タラ玉、貝焼き、イガメンチ…

 弘前市の夜は郷土料理を出す居酒屋「土紋」へ。ここならではのタラ玉、貝焼き、イガメンチを注文。タラ玉は干しダラを溶き卵に漬けたもの、貝焼きはホタテの殻の上で味噌、ホタテ、ネギを焼いて卵でとじたもの、イガメンチはイカミンチを丸めて揚げる。

「貝焼き、イガメンチは家庭によって作り方が微妙に違う。ウチのイガメンチは包丁でイカを叩いてミンチにして手ごね」(お母さん)

 酒は青森の地酒、豊盃のみ。ほかではなかなか飲めない種類もあり。

■津軽そば

「津軽そば」は「呉汁」をつなぎにした津軽地方伝統のそばだ。作る手間が大変で出す店が激減。「野の庵」は、津軽そばを食べられる貴重な店の一軒だ。窓際で、温かいつゆの津軽そばは濃厚な香りと甘味。雪の日には特に合う。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事