進化生物学的にも理にかなう 妻の不倫を防ぐ“夫の3カ条”

公開日:

 妻の不倫予防3カ条は、進化生物学的にも、つじつまが合うのかもしれない。小松氏は、「生殖細胞を作るためのコストがオスとメスでは大きく異なります。ヒトのオスは精子を量産できるのに対し、メスの卵子は月に1個程度。さらに、ヒトは子育てに大きな労力を費やします」と話す。いきおい女性は、相手が自分のことを物理的、経済的に守ってくれる存在かどうか、慎重に見極めることになる。だから「守られている」「大事にされている」と実感できるような言動が、夫が思う以上に妻にとっては切実なのだ。

 いくら道徳的にダメだといっても不倫はなくならない。進化生物学の知見に学ぶことが、撲滅への近道かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る