20代で結婚相談所に…効率性を重視する“戦略女子”の生態

公開日: 更新日:

 バブル時代の“3高”のように、条件で選ぶ傾向も強くなった。計画的に結婚相手を見つけるタイプが多いという。

「結婚・婚活を戦略的に捉える“戦略女子”です。条件に『年収2000万円以上の経営者で、私が起業したいと言ったらサポートしてくれる人』や『専業主婦になりたいので、結婚相手は医者がいい』といった目標を掲げて、条件を満たす相手を効率的に探そうとするわけです。自分の将来像にマッチした男性と結婚することを“保険”にして、社会人としてのキャリアを積みたいのです」(植草美幸氏)

 悠長に恋愛する暇があれば、少しでも若くてきれいなうちに条件のいい相手を見つけて結婚したい――。そんな打算が働いているようだが、当然、30~40代よりは男性のウケもいいし、成婚率は高くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  9. 9

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る