ヘビのお腹にスリッパ…獣医が驚いた“鮮明すぎるX線写真”

公開日:  更新日:

 オーストラリア東部の街、ハイグスリーに住むある高齢の男性が今月20日夜、スリッパを脱いでベッドに入ったが、翌朝、目覚めると右のスリッパがなくなっていた。家族らがスリッパを探したが、どこにも見当たらず……。

 3日後の23日のこと。近所で胴体部分が平べったく広がったカーペットニシキヘビが発見された。すぐに呼ばれたヘビ取りの専門家に捕獲され、動物病院「ハープベット」に持ち込まれた。写真(同院フェイスブックより)は、そこでX線撮影されたものだ。スリッパの白い影がクッキリ!

 26日、獣医が胴の側部を切開し、無事にスリッパを摘出した。執刀に当たったジョシュ・リーナス氏は、同院のホームページに手術の写真と動画を投稿し、次のように書いている。

「これまで見た中で最も印象的なX線写真だ。異物を取り除く手術は、全身麻酔をかけて開腹術および胃切開術で行われた。スリッパを摘出後、筋肉と皮が縫合された。ヘビには水が与えられ、抗炎症剤と鎮痛剤が投与された。ヘビは麻酔から覚醒し、健康状態は良好だ。今後、2日間ほどリハビリが行われる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る