乱射犯から銃を奪う “英雄”電気技師の募金集めに共感続々

公開日:  更新日:

 米南部テネシー州ナッシュビル郊外のレストラン「ワッフルハウス」で22日に起きた銃乱射事件。4人が死亡したが、たまたま店内に居合わせたニューヨーク市在住の電気技師ジェームス・ショーさん(29)が、トラビス・レインキング容疑者(29)にタックルし、自動小銃「AR-15」を奪い取ったため、それ以上の犠牲者が出るのは食い止められた。

 ショーさんには「まさにヒーローだ」という称賛の声が寄せられたが、彼が示した“ヒーローの資質”は勇気だけではなかった!

 自分に集まった注目と称賛を、乱射事件の犠牲者の遺族のために役立てようと、事件翌日の23日に、寄付型クラウドファンディングのサイト「GoFundMe」で募金集めを始めたのだ。

 ショーさんの行動は共感を呼び、日本時間の25日午前11時現在までに3473人が寄付を行い、目標額の1万5000ドル(163万円)をはるかに上回る12万2960ドル(約1340万円)が集まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る