観賞用が盗難被害…マニア急増「メダカ」人気過熱の実態

公開日:

「そんなに高いの!?」と驚いた人もいるだろう。愛媛県松山市で1匹1万5000円の観賞用メダカが盗まれてニュースになっている。

 被害に遭ったのは同市のメダカ販売所「ザ・メダカ」。

 11日午前0時ごろ、屋外に置いていた飼育箱からメダカを盗もうとしている男を通りがかりの男性(38)が取り押さえ、警察が逮捕した。捕まったのは市内の中古自動車部品販売店勤務の男(47)。5月末にも同店のメダカ48匹を盗んだ容疑で再逮捕された。

 被害に遭った「ザ・メダカ」に電話したら、玉井俊郎社長がこう説明してくれた。

「メダカは直射日光を当て、酸素の入りを良くしたほうが色がキレイになるので、店外の目立たない場所に飼育箱に入れて置いといたのです。事件当時、私の知人がたまたま通りかかり、網ですくっているのを目撃して取り押さえました。この1年で何度もメダカを盗まれましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る