• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

「もうおねがい ゆるして」とノートにつづった5歳児の船戸結愛ちゃんは、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された母親の優里容疑者(25)の連れ子で、再婚した夫の雄大容疑者(33=傷害罪で起訴)に許されることなく、虐待を受けて亡くなったとされる。5歳児とは思えない文面に、言葉を失った人は少なくないだろう。

 各地で相次ぐ児童虐待事件。被害に遭うのは、概して妻の連れ子で、再婚した夫に虐待を受ける。

「虐待する男性が悪いのは言うまでもありませんが、女性の側にも悲劇の原因がないわけではありません」と言うのは、男女問題研究家の山崎世美子氏だ。

「児童虐待事案の一般論ですが、女性が連れ子と一緒に再婚して、その再婚相手との間にも子供を望むことがよくあるのです。経済力があって自分で生活を築けるタイプは別ですが、そうでないと男性に頼らざるを得ません。どこかに依存心が生まれます。一度、結婚生活に失敗しているから、好みのタイプと出会っても、『こんな私で大丈夫かしら』という負い目もある。それで、再婚相手をつなぎとめようと、子供を望むのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る