のぞみ人身事故で破損…走行し続けたら大惨事を招いていた

公開日: 更新日:

 第2の事故が起きかねない状況だった――。

 14日に起きた山陽新幹線の破損事故。東京行き「のぞみ176号」が博多―小倉間の北九州市八幡西区を走行中に人と接触した。

 運転士はドンという異常音を聞いたが東京の運転指令に報告せず、小倉駅を通常通り出発。同駅ですれ違った新幹線の運転士が気付いたため、JR新下関駅に緊急停車し、ボンネット部分が破損し、血がついていることが確認された。

 のぞみのボンネットは炭素繊維強化プラスチックを使用。しなりが良く頑丈な素材で、ゴルフクラブのシャフトなどに使われているが、猛スピードの衝撃でボロボロにちぎれてしまった。ボンネットはタコの頭状の部分とイカリング状の部分の2つで構成され、重量はそれぞれ20キロ前後という。

 気になるのは、この列車があのまま走行していたらどうなったかということだ。山陽新幹線では2015年8月に車体下部のカバーが脱落して飛散し、トンネル内のあちこちに激突。車内にいた女性客が顔と腕にケガを負う事故が起きた。今回ののぞみ176号は最高速度の時速285キロで走行している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る