• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

のぞみ人身事故で破損…走行し続けたら大惨事を招いていた

 第2の事故が起きかねない状況だった――。

 14日に起きた山陽新幹線の破損事故。東京行き「のぞみ176号」が博多―小倉間の北九州市八幡西区を走行中に人と接触した。

 運転士はドンという異常音を聞いたが東京の運転指令に報告せず、小倉駅を通常通り出発。同駅ですれ違った新幹線の運転士が気付いたため、JR新下関駅に緊急停車し、ボンネット部分が破損し、血がついていることが確認された。

 のぞみのボンネットは炭素繊維強化プラスチックを使用。しなりが良く頑丈な素材で、ゴルフクラブのシャフトなどに使われているが、猛スピードの衝撃でボロボロにちぎれてしまった。ボンネットはタコの頭状の部分とイカリング状の部分の2つで構成され、重量はそれぞれ20キロ前後という。

 気になるのは、この列車があのまま走行していたらどうなったかということだ。山陽新幹線では2015年8月に車体下部のカバーが脱落して飛散し、トンネル内のあちこちに激突。車内にいた女性客が顔と腕にケガを負う事故が起きた。今回ののぞみ176号は最高速度の時速285キロで走行している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る