のぞみ人身事故で破損…走行し続けたら大惨事を招いていた

公開日:

 第2の事故が起きかねない状況だった――。

 14日に起きた山陽新幹線の破損事故。東京行き「のぞみ176号」が博多―小倉間の北九州市八幡西区を走行中に人と接触した。

 運転士はドンという異常音を聞いたが東京の運転指令に報告せず、小倉駅を通常通り出発。同駅ですれ違った新幹線の運転士が気付いたため、JR新下関駅に緊急停車し、ボンネット部分が破損し、血がついていることが確認された。

 のぞみのボンネットは炭素繊維強化プラスチックを使用。しなりが良く頑丈な素材で、ゴルフクラブのシャフトなどに使われているが、猛スピードの衝撃でボロボロにちぎれてしまった。ボンネットはタコの頭状の部分とイカリング状の部分の2つで構成され、重量はそれぞれ20キロ前後という。

 気になるのは、この列車があのまま走行していたらどうなったかということだ。山陽新幹線では2015年8月に車体下部のカバーが脱落して飛散し、トンネル内のあちこちに激突。車内にいた女性客が顔と腕にケガを負う事故が起きた。今回ののぞみ176号は最高速度の時速285キロで走行している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る