• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

精神科医・片田珠美氏が指摘 「親殺し」3つのリスク要因

 895件――。警察庁のまとめ(2017年発表)によると、16年の殺人事件の認知件数は895件で、戦後最少だったという。

 だが、親子や夫婦間、兄弟同士などの「親族間の殺人」事件は未遂も含めて後を絶たない。先の資料でも、殺人事件の55・5%が、親族間で起きた殺人事件だった。半数超えの数字である。“絆”とか“だんらん”はどこへやら。やるせない時代になったとしか言いようがない。

 中でも、とりわけ読者世代が気になるのは子どもが親を殺すケースではないか。この数カ月だけでも、「刃物で刺され母親死亡、無職33歳の息子を逮捕」(4月、山口県周南市)、「父親を包丁で刺す 殺人未遂容疑で息子を逮捕」(4月、栃木県宇都宮市)、「2遺体のうち1人は男の父親」(同4月、鹿児島県日置市)……などがニュースで大きく取り上げられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る