• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

国産鶏肉の59%から耐性菌検出 高齢者が感染すると死亡も

 こんな耐性菌に、私たちは日常的に食べる鶏肉からも感染しているというのである。

 鶏肉は食べる前に加熱するから大丈夫という声もある。果たしてそうだろうか。たとえば「交差汚染」といって、生の鶏肉に触った手を、簡単に水洗いしただけで野菜などを触ることはよくある。あるいは、鶏肉を切ったまな板を消毒しないでレタスやトマトなどを切ることもある。こういった調理法で、簡単に鶏肉の耐性菌に感染してしまうのである。

 耐性菌は鶏の糞に含まれるから、鶏糞も怖い。鶏糞は畑の肥料としてよく使われるが、十分に発酵させたものならともかく、そうでなければ鶏糞に耐性菌が含まれているはずである。それが畑にまかれ、野菜に付着する。知らずに生で食べれば口に入ることは十分に考えられるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る