奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

国産鶏肉の59%から耐性菌検出 高齢者が感染すると死亡も

公開日:

 こんな耐性菌に、私たちは日常的に食べる鶏肉からも感染しているというのである。

 鶏肉は食べる前に加熱するから大丈夫という声もある。果たしてそうだろうか。たとえば「交差汚染」といって、生の鶏肉に触った手を、簡単に水洗いしただけで野菜などを触ることはよくある。あるいは、鶏肉を切ったまな板を消毒しないでレタスやトマトなどを切ることもある。こういった調理法で、簡単に鶏肉の耐性菌に感染してしまうのである。

 耐性菌は鶏の糞に含まれるから、鶏糞も怖い。鶏糞は畑の肥料としてよく使われるが、十分に発酵させたものならともかく、そうでなければ鶏糞に耐性菌が含まれているはずである。それが畑にまかれ、野菜に付着する。知らずに生で食べれば口に入ることは十分に考えられるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る