• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

機内での隣席同士の会話が…14列C席から広がった善意の輪

 7月10日のこと。米シカゴのカルロス・フエンテス小学校で教師をしているキンバリー・バミューデスさん(27)が、フロリダに住む両親に会うため、サウスウエスト航空の1050便に乗った。

「お仕事は何をされていますか?」

 隣の座席の男性からそう話しかけられ、おしゃべり好きのキンバリーさんは、小学校で1年生の担任をやっていて、この仕事が大好きで……と、あれこれ話を始めたという。

「お仕事で一番大変なことは何ですか?」

 そう聞かれたキンバリーさんは、生徒たちはみんな低所得層の子供たちで、お腹を空かせて学校に来る子もいる。懸命に働いている移民の両親が、子供に最低限必要なものも買ってあげられないのを見るのがつらい、と語った。

 そして、「同僚の教師も私も、自腹で下着やせっけん、文房具などを買っているんです」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る