機内での隣席同士の会話が…14列C席から広がった善意の輪

公開日:  更新日:

 7月10日のこと。米シカゴのカルロス・フエンテス小学校で教師をしているキンバリー・バミューデスさん(27)が、フロリダに住む両親に会うため、サウスウエスト航空の1050便に乗った。

「お仕事は何をされていますか?」

 隣の座席の男性からそう話しかけられ、おしゃべり好きのキンバリーさんは、小学校で1年生の担任をやっていて、この仕事が大好きで……と、あれこれ話を始めたという。

「お仕事で一番大変なことは何ですか?」

 そう聞かれたキンバリーさんは、生徒たちはみんな低所得層の子供たちで、お腹を空かせて学校に来る子もいる。懸命に働いている移民の両親が、子供に最低限必要なものも買ってあげられないのを見るのがつらい、と語った。

 そして、「同僚の教師も私も、自腹で下着やせっけん、文房具などを買っているんです」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る