【タコ、ジャガイモ、オリーブのサラダ アンチョビー風味】スペインかギリシャのバル気分

公開日: 更新日:

▼みちの・ただし
 1954年、兵庫県生まれ。同志社大学神学部卒業後、京都のフランス料理店「ボルドー」で7年間修業。31歳で渡仏。3つ星レストラン「ラ・コートドール」、1つ星「ル・ランパール」、2つ星「ジャン・バルデ」で研鑽を積む。帰国後は大阪の「シェ・ワダ」、北海道・旭川の「ハーヴェスト・ロード・ハウス」を経て、90年、大阪・豊中市でフランス料理店「ミチノ・ル・トゥールビヨン」を開業。2009年、大阪・福島区に移転、現在に至る。18年5月、自著「料理人という生き方」を出版。

▼「ミチノ・ル・トゥールビヨン」
 この道40年のオーナーシェフは、今でも食への探求心は衰えない。類いまれなセンスとフレンチの概念にとらわれない料理は「前衛的」「異端児」と称され、全国から食通が集う。
「ボクはひたすら来てくれたお客さまのために料理を作ってきた。自分が納得し、自信を持って『これがボクの料理です』と言えるものを作ってきたし、これからもそうありたいと思っています」

大阪市福島区福島6―9―11 神林堂ビル1F
℡06・6451・6566
(営)昼12~15時、夜18~23時。月曜定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る