バレエダンサー宮尾俊太郎さん 鶏むね肉はソテーせず蒸す

公開日: 更新日:

 これまでもカラダに良いといわれる食事方法は数多く試してきたそうだ。

「イミダペプチド、グルテンフリー、1日1食法、シリコンバレー式最強食事方法、糖質制限、マクロ管理法、地中海ダイエットなどなど、あらゆることを試しています。その中ではイミダペプチドが自分のカラダに合っていました。持久力のある鳥の羽の根元の筋肉や、マグロなどに多く含まれる物質で、疲労回復や良質な睡眠の摂取をうながす効果があるといわれています。グルテンフリーも2週間遂行したら、頭がスッキリして白眼が白くなりました」

 地中海式も取り入れやすかったという。魚介、野菜、オリーブオイルでアクアパッツアを作ることも。

 一方で、1日1食を実践したときは、お腹がすいて、そば屋の前を何度も往復する自分に気がついてアブナイと感じたそう。シリコンバレー式は、食べられるものに限りがあるため、忙しい人には難しい。マクロ管理は効果は出やすいが計算式が複雑――。ぴたりと合うものを見つけるのは簡単ではないそうだ。

 12月には、宮尾さんが座長を務め、演出・振り付けも手掛ける「BalletGentsinTOKYO2018」が開催される。研ぎ澄まされた肉体を観賞するチャンスだ。

 =取材・文 稲川美穂子

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  7. 7

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  8. 8

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る