寝ている間に…スマホの充電ケーブルでやけど・火災の危険

公開日: 更新日:

 先週、NHKで「化学やけど」に関する話題を放送していた。化学やけどとは、酸やアルカリ、金属塩、有機溶媒などが皮膚に触れてできるやけどを指す。が、NHKのそれは、“スマホの充電中に”と言っていた。いったい、どういうことか。

 夜間、枕元でスマホの充電ケーブルを使って朝まで充電をしているサラリーマンは多い。だが、内部に液体が入ったスマホの保護ケースを使っている人は要注意だという。寝ている間にその液体が漏れて皮膚に付着、化学やけどを負った事故が何件も報告されているからだ。皮膚が赤くただれ、まさにやけどのようになるというから厄介。

 詳細は、国民生活センターのホームページに詳しい。今年5月に注意喚起を促しているので目を通しておくといい。

 こうした保護ケースは若い女性が好んで使うモノなので、オジサン世代には無縁かと思ったら、大間違いだ。というのも、スマホの充電ケーブルでも、やけどや火災が発生しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  8. 8

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  9. 9

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  10. 10

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る