新宿に4つ目のシネコン誕生へ…専門家が語る“成功のカギ”

公開日: 更新日:

 他の2社も「新宿の興行はさらに拡大していく」(ピカデリー担当者)、「相乗効果がある」と歓迎ムードだ。

■ふぉくじ性のあるコンテンツ編成がカギ

「シネコンは多すぎる。歯止めをかけないと飽和状態になります」と警鐘を鳴らす映画ジャーナリストの大高宏雄氏だが、新宿に限っては条件付きで成功すると言う。

「3つ目ができた時も『多いのでは?』と言われました。しかし、3つのシネコンは興行収入で全国の売り上げ上位。4つになってもある程度の集客は期待できるでしょう。そのためには他とかぶらない独自性のあるコンテンツの編成がカギとなります。幸い東京には個性的な作品や異色作に興味がある人が多い。違う色を出し、切磋琢磨することで、シネコンだけでなく地域全体が活性化するのではないでしょうか」

 新しいシネコンとTOHOシネマズ新宿の距離は100メートル足らずと目と鼻の先。激戦必至だが、コンテンツのすみ分け次第では客の楽しみは増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る