40代コロナ中等症患者 病院から逃亡し温泉施設で保護の仰天

公開日: 更新日:

 病院と温泉施設はとんだ災難だ。

 新型コロナウイルスに感染して入院中の中等症患者が施錠してあった病棟のドアをこじ開け、病院から抜け出した上、温泉施設でのんびり入浴していた。

 40代の男性は、今月16日から羽生総合病院(埼玉県羽生市)に入院していた。7月30日夜9時ごろ、医師の許可がないのに無断で病院を抜け出し、タクシーに乗って春日部市の自宅に帰ってしまった。男性は家に入ろうとしたが、奥さんが拒絶。車の鍵を渡され、仕事関係の施設で一夜を明かした。翌31日、男性は車で約1時間かけて川越市内の温泉施設「小江戸 はつかり温泉」まで出掛け、汗を流し、午前9時から10時まで約1時間滞在している。温泉施設の従業員がこう説明する。

「感染防止対策を実施した上で営業をしているので、体温が37・5度以上のお客さんはお断りしています。その男性が入店する時も体温を測らせてもらいましたが、36・5度でした。保健所から感染者が利用していたことを聞き、館内を消毒しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る