気象庁が大チョンボ…ウェブ広告1日で運用停止のお粗末

公開日: 更新日:

 異例の試みに、早くも暗雲が漂ってきた。

 気象庁はHPの運営費の一部を確保するため、今月15日からHP上に民間広告の掲載を始めた。ところが翌16日、法に抵触する恐れのある不適切な広告が確認されたとして、掲載を停止。わずか1日で運用がストップしてしまった。

 民間広告の掲載は、気象衛星やITシステムにかけられる国からの予算が年々減少する中で、自主的な財源確保のために始めた苦肉の策だった。企画競争入札で選ばれたIT企業「ALiNKインターネット」が、5カ月間で8700万円の広告収入を集める条件で受託している。

 不適切とされたのは、ヘアケア商品の広告。不当景品類及び不当表示防止法に抵触する可能性があるという。HPは現在、広告枠が“空白状態”だ。

 気象庁はトラブルの原因をこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

もっと見る